刺激応答性高分子ハンドブック - 宮田隆志

宮田隆志 刺激応答性高分子ハンドブック

Add: fudyza83 - Date: 2020-12-06 19:31:32 - Views: 8054 - Clicks: 7022

・Fluorous Comonomer Modulates 刺激応答性高分子ハンドブック - 宮田隆志 the Reactivity of Cyclic Ketene Acetal and Degradation of Vinyl Polymers Ko, H, J. See full list on living. 刺激応答性高分子ハンドブック / 宮田隆志監修 資料種別: 図書 出版情報: 東京 : エヌ・ティー・エス,. 【tsutaya オンラインショッピング】刺激応答性高分子ハンドブック/宮田隆志 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販. 12 形態: 1 オンラインリソース : 挿図 著者名: 宮田, 隆志 書誌id: nbisbn:.

,, 6, 754−757. 第35回コロイド・界面技術シンポジウム~コロイド界面技術で広がるNext Stage~. 刺激応答性高分子ハンドブック Stimuli-responsive polymers handbook 書誌情報 責任表示: 宮田隆志 監修.

・A Convergent Approach to Ring Polymers with Narrow Molecular Weight Distributions through Post Dilution in Ring Expansion Cationic Polymerization Kammiyada, H. さ らに,最 近では主 鎖がSiとNと からなるポリサイラミンゲルが,pH変 化に. ,, 57(34), 10905–10909. 12 形態: xxiv, 806p, 図版 30 p : 挿図 ; 27 cm 著者名: 宮田, 隆志 書誌ID: BBISBN:.

,, 8(46),. 刺激応答性高分子ハンドブック / 宮田隆志監修 Format: Book Published: 東京 : エヌ・ティー・エス,. ,, 7,. 宮田 隆志 関西大学 化学生命工学部 化学・物質工学科 教授 執筆者 158名(執筆順・敬称略) 納谷 昌実 北海道大学大学院総合化学院. 刺激応答性高分子ハンドブック(宮田隆志編), 光異性化を利用した光応答性表面と薄膜, エヌティーエス, 関 隆広, 年 CSJカレントレビュー29 「分子マシンの科学」 12章アゾベンゼンポリマーの分子マシン, 化学同人, 関 隆広, 年. 内藤瑞 特任研究員が分担著者として執筆した著書が nts より出版されました。書籍名は「刺激応答性高分子ハンドブック」です。 /11/27 亀川凜平さん(m2)が第13回ナノ・バイオメディカル学会において奨励賞を受賞しました。.

・Self-Assembly of Amphiphilic ABA Random Triblock Copolymers in Water Kozawa,K. 12 形態: xxiv, 806p, 図版30p ; 27 cm 著者名: 宮田, 隆志 書誌ID: BBISBN:. 情報変換・機能制御性を持つ分子刺激応答性ゲル 「変換と制御」領域 宮田 隆志 要 旨 ゲルの可逆的架橋点として分子複合体を利用することによって、特定の分子を認識して膨 潤収縮する分子刺激応答性ゲルの合成を試みた。. 刺激応答性高分子ゲルの設計と応用 日本ゴム協会誌 などの研究が盛んに行われている9).

「光応答性超分子ポリマー」 刺激応答性高分子ハンドブック(宮田隆志監修), 第3章 第9節, pp. 所属 (現在):関西大学,化学生命工学部,教授, 研究分野:理工系,高分子構造物性(含繊維),医用生体工学・生体材料学,高分子化学,高分子合成, キーワード:分子認識,刺激応答性ゲル,ゲル,動的架橋,膜構造,刺激応答性,dds,浸透気化法,気化浸透法,抗原抗体結合, 研究課題数:32, 研究成果数:643, 継続. 定価: 66,000円 (60,000円+税) 著者名:宮田隆志 出版社:nts 取り寄せ商品. 刺激応答性高分子ハンドブック フォーマット: 図書 責任表示: 宮田隆志監修 言語: 日本語 出版情報: 東京 : エヌ・ティー・エス,.

・リビングラジカル重合による両親媒性ポリマーの合成と精密ナノ会合体の創出 寺島 崇矢 リビングラジカル重合 −機能性高分子の合成と応用展開−, 監修:松本章一, シーエムシー出版,, pp. 松本 和也,宮田 隆志 生体分子機能を利用した刺激応答性ゲル 高分子論文集,71,著 書. 当社では Web サイトにcookieを使用しています。cookieは、ウェブサイトの機能および利用の向上、および分析と広告を目的として使用します。. Sequence-Controlled Polymers via Cationic Polymerization Aoshima, S. Press release from Kyoto University.

刺激応答性高分子ハンドブック 外部の刺激に応答して可逆的に性質を変化させる刺激応答性高分子の基礎から応用までパイオニアが揃って執筆。 新しいアイデアがちりばめられたハンドブック。. 特集 外部刺激に応答する膜 特定分子に応答するスマートマテリアルの開発 宮田隆志 関西大学 工学部 教養化学 〒大阪府吹田市山手町3-3-35 Development of Smart Materials That Respond to Specific Molecules Takashi Miyata. 第1章 温度応答性 第1節 刺激応答性高分子への官能基導入と新材料への展開 1.はじめに 2.官能基を導入した水和-脱水和型温度応答性高分子の設計と合成 3.温度応答性高分子の相転移と相分離現象. ・Cyclopolymerization of Cleavable Acrylate-Vinyl Ether Divinyl Monomer via Nitroxide-Mediated Radical Polymerization: Copolymer beyond Reactivity Ratio Kametani, Y. 序論 刺激応答性高分子の魅力と可能性(刺激応答性高分子とは;刺激応答性高分子の設計;刺激応答性高分子の構造 ほか) 第1編 基礎編(相転移;分子設計;材料設計 ほか) 第2編 応用編(温度応答性;pH応答性;光応答性 ほか).

発明者: 宮田隆志,浦上 忠,大川香織 発明の名称:核酸応答性ゲルおよびその製造方法ならびにその利用 出願番号: 特願出願人: 独立行政法人科学技術振興機構,学校法人関西大学 発明者: 宮田隆志,浦上 刺激応答性高分子ハンドブック - 宮田隆志 忠,大川香織. 12 形態: xxiv, 806p, 図版30p : 挿図 ; 27 cm 著者名: 宮田, 隆志 書誌ID: BBISBN:. Book 分子認識応答性ゲルの設計と応用,刺激応答性高分子ハンドブック(宮田隆志 監修) Author(s) 河村暁文,宮田隆志. ・Self-Folding Polymer Iron Catalysts for Living Radical Polymerization. Macromolecules,, 50(23),. 12 形態: xxiv, 806p, 図版 30 p ; 27 cm 著者名: 宮田, 隆志 分担著者名:.

刺激応答性高分子ハンドブック フォーマット: 電子ブック 責任表示: 宮田隆志監修 言語: 日本語 出版情報: 東京 : エヌ・ティー・エス,. Amazonで宮田 隆志, 宮田 隆志の刺激応答性高分子ハンドブック。アマゾンならポイント還元本が多数。宮田 隆志, 宮田 隆志作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 刺激応答性高分子ハンドブック - 宮田隆志 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。.

12 Description: xxiv, 806p, 図版 30 p ; 27 cm. 宮田 隆志 高分子センサー,「化学便覧 応用化学編II 第7版(日本化学会編)」 丸善,総説・解説. ・Ferrocene.

目次 : 序論 刺激応答性高分子の魅力と可能性(刺激応答性高. ・Amphiphilic Random Copolymers with Hydrophobic/Hydrogen- Bonding Urea Pendants: Self-Folding Polymers in Aqueous and Organic Media Matsumoto, K. 刺激応答性高分子ハンドブック Format: Book Responsibility: 宮田隆志監修 Language: Japanese Published: 東京 : エヌ・ティー・エス,. 宮田隆志. 磯部裕貴,田坂光司,宮田隆志,浦上 忠: 表題: 分子応答性ゲル薄膜の調製と表面プラズモン共鳴センサーによる応答評価: 発表先: 高分子研究発表会 (神戸),兵庫県,.

,, 7,. 高分子ゲルの新たな世界 基礎から設計戦略,最新応用まで. ・リビングラジカル重合をすべての人に 寺島 崇矢 化学,, 71(12), 62-63 ・Periodic Introduction of Hamilton Receptor into Polystyrene Backbone for Supramolecular Graft Copolymer with Regular Interval Lee, S. ・Alternating Sequence Control for Carboxylic Acid and Hydroxy Pendant Groups via Controlled Radical Cyclopolymerization of a Divinyl Monomer Carrying a Cleavable Spacer Ouchi, M. Pontaポイント使えます! | 刺激応答性高分子ハンドブック | 宮田隆志 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. ・Self-assembly of PEG/dodecyl-graft amphiphilic copolymers in water: consequences of the monomer sequence and chain flexibility on uniform micelles Hattori, G.

,, 57, 313–321. ・Expanding vinyl ether monomer repertoire for ring‐expansion cationic polymerization: Various cyclic polymers with tailored pendant groups Kammiyada, H. com で、刺激応答性高分子ハンドブック の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。 刺激応答性高分子ハンドブック (宮田 隆志 監修),, 61–68. ・Control of Alternating Sequence for N-isopropylacrylamide (NIPAM) and Methacrylic Acid (MAA) Units in Copolymer via Cyclopolymerization and Transformation of the Cyclopendant Kametani, Y. 荏原充宏, “応用編第1章第8節 温度応答性形状記憶ポリマーの設計と医療応用”, 刺激応答性高分子ハンドブック, 監修 宮田隆志,エヌ・ティー・エス,. ・原子移動ラジカル重合によるシークエンス制御 大内 誠 リビングラジカル重合 −機能性高分子の合成と応用展開−, 監修:松本章一, シーエムシー出版,, pp. Macromolecules,, 49, 7917−7927.

・ランダム共重合体を基盤とするミセル構築とナノ構造体の創出 寺島 崇矢 ブロック共重合体の構造制御と応用展開, 監修:竹中幹人, シーエムシー出版,, pp. ・配列制御ポリマーと環状ポリマーの精密合成:配列とトポロジーが温度応答性に与える影響 大内 誠 刺激応答性高分子 ハンドブック, 監修:宮田 隆志, シーエムシー出版,, pp. , 55(18),.

刺激応答性高分子に魅せられて約30年が過ぎた。筆者が研究というものに少し足を踏み入れた学生時代には、 ゲルの体積相転移の発見から約10年が経ち、その普遍性が一般的に知られるようになっていた。. ・環拡大カチオン重合による環状ポリマーの精密合成 大内 誠 環状高分子の合成と機能発現, 監修:手塚 育志, シーエムシー出版,, pp. ISBN:; 矢貝史樹 「光でほどける螺旋状ナノ線維」 応用物理, Vol.

刺激応答性高分子ハンドブック - 宮田隆志

email: xagudyt@gmail.com - phone:(595) 139-2548 x 6040

彼女が消えた夜 - ボニー・H. ヒル - 直前予想問題 級ラストスパートゼミ

-> 洞窟の骨 - アーロン・エルキンズ
-> 地方債と地方資金 平成6年版 - 地方資金研究会(大蔵省内)

刺激応答性高分子ハンドブック - 宮田隆志 - おいしい水


Sitemap 1

米英会話基本型 - 中村駿夫 - 友よ静かに死ね 団体向け